高度先進医療の保障について

健康で長生きしたい、そう願う人々に応えるかのように、医療技術は進歩し最先端の治療法や新しい薬の開発も進み、昔は治らないとされていた病気でも今では治療可能なものとなってきています。
がんもそのひとつで、例えば肝臓がん患者数で見てみると、治療後5年の生存率が80年代ではおよそ22%だったものが90年代にはおよそ45%にまで上昇しているようです。
手術などで必要となってくる入院日数も、平均65日だったものから平均30日へと半減しているそうです。

しかし医療技術が高度になってくると逆に心配になるのが治療費の高騰です。

子犬と子猫の戯れ
おつかれサマンサ
季節の変わり目
いぬの気持ち
誰でもブログ
美容液ファンデーションとか
大丈夫か
ただの日記
さささと雑記
ぼくはきみできみはぼく
[PR]